Top

電験三種受験体験記 (2007.09)

このページを見てくれている人ならおわかりでしょうが, 工学部でものを教えている人でも, 専門が違えば, 必ずしも工学に詳しいわけではありません. しかし学生の方は主に工学を勉強しにきているわけなので, その点でミスマッチが起こらないとも限らない. 教える側としては重点の置き方とか学生の到達目標とかを考える上で, そういうミスマッチが起こってしまうのは非常に恐いわけで, そういうこともあって, 以前から電気・電子工学を中心に少し勉強しているわけです. で, まあ, せっかく勉強も進んだので, 電気技術関係の資格試験を受けてみようかと思って, 今回電験三種を受験してきました (これを書いているのは試験日の翌日, 9月3日です). 私のような立場の人間としては資格が取得できるかどうかよりも受験体験そのものの方が重要なのですが, 受けるからには合格したいものです.

試験準備について

電験三種こと第三種電気主任技術者試験とは, 本来は電気工作物の保安管理を行う技術者 (を目指す人) が受ける試験で, 電気技術者の登竜門とも言われているらしいです. 試験科目は「理論」「電力」「機械」「法規」の4科目からなります. 大学教育に携わる人間としては, 学生がこれに合格するくらい力をつけてくれれば嬉しいわけです. 詳しくは次のページを参照してください: (財)電気技術者試験センター

私が本格的に試験準備を始めたのは6月くらいからです (受験申し込みをした後からだったりして(^^;). ある程度予備知識はあったのですが, 準備期間が3ヶ月というのはかなり不十分でした. 3ヶ月これだけに集中するというならともかく, 本当は半年〜1年くらい準備をすべき試験なのではないでしょうか. 準備としては, まず電験三種用のテキストをじっくり勉強して基礎をつかみ, 後はひたすら問題演習をこなす, という, まあ普通の試験勉強をすれば良いと思うのですが, 3ヶ月では「じっくり勉強して…」の部分がおろそかになってしまいました. 今回は4科目を並行して勉強したのですが, 基礎から応用へという流れからすると,

「理論」→「機械」→「電力」→「法規」

という順番でやった方が効率が良かったかもしれません. (試験の順番は「理論」「電力」「機械」「法規」ですが, 内容的には「電力」よりも「機械」の方が先に来ると思います.) ともかく私はまだまだ理解不十分ですし, 合否にかかわらずもうちょっと勉強を続けたいと思います.

今回使用したテキストは, 正直いってお勧めできるかどうか分からないので, ここでは紹介しませんが, 基本的には電験三種用と銘うってあれば何でもいいと思います. 同シリーズのものを4冊揃えましょう. それから, 「法規」のために法令集を持っておくべきですが, 私が買ったのは,

「平成19年度版 電気設備技術基準とその解釈」(電気書院), 950 円

です. 「法規」の勉強はひたすら問題演習中心でしたが, 法令集と照らし合わせながらやれば学習効果が高いです. 他に, ネット上の情報として, 日本電気技術者協会のページはチェックしておくと良いでしょう. ありがたい情報が満載です.

問題集としては,

[1]「2007年版 電験三種合格ドリル」(オーム社), 2200 円
[2]「平成19年度試験版 電験三種ステップアップ問題集」(実教出版), 2500 円
[3]「平成19年版 電験第3種科目別直前予想問題集」(電気書院), 2800 円

の三冊を買いました. [1] は過去問題集, [2] は基礎学習と並行して使用, [3] はまあ, タイトル通り, という感じで使用したのですが, 特に[3]にはマークシート解答用紙がついていて, 本番さながらの演習ができるのでとても役に立ちました.

私の解答用紙と自己採点結果

今日, 試験センターのページで標準解答が公開されたので, 早速, 昨日の自分の解答を自己採点してみることにします. ここから先は全部独り言なので(昨日受験した人でもなければ)面白くないと思います.

理論

1234567891011121314
私の解答用紙(2) ○(4) ○(4) ○(5) ×(5) ○(3) ○(2) ○(3) ○(2) ○(4) ○(2) ×(5) ○(2) ○(1) ○

15(a)15(b)16(a)16(b)17(a)17(b)18(a)18(b)
(5) ○(T_T) ×(5) ×(3) ×(2) ○(4) ×選択せず選択せず


う〜ん…, 問4を間違えてる. 「総静電エネルギーが等しくなった」の部分を早とちりして, 「蓄えられた電荷が等しくなった」と読んでしまったのが敗因です.

静電エネルギーといえば, 問7で, つい, 回路方程式を解いて電流を求めて云々…と考え始めてしまい, 大幅に時間をかけてしまいました. コンデンサに蓄えられた静電エネルギーを単にそのまま答えれば良いと気づけば10秒で解ける問題だったんですが. しかし気づいた時にはあとの祭り. この他にもA問題の各問をじっくり考えすぎたのか, B問題を始めるころには残り5分くらいになってしまいました….

B問題のほうは, とりあえず速攻で各問題の (a) をやって, そうしたらもう時間がないので当てずっぽう気味に (b) の方を塗っていったのですが, 問15(b)のところを塗る前に痛恨の時間切れ. まあ, 塗れたとしても間違えてしまえば同じことですが. それぞれゆっくり考えれば出来たはずなので非常に悔しいです. とはいえ問17(b)が一見しただけで解けなかったのはちょっと恥ずかしいか….

問11と問16(a)を間違えているのは, 知識不足が原因ですね. いや…, 磁束密度が一定だからトルクは電流に比例する………落ち着いて考えれば少なくとも16(a)は出来ていたかも….

合計点は自己採点では70点となりました. 理論はけっこう自信があったのでかなり悔しい結果です. まあ, 時間配分も実力のうち, か…. でも, もっとゆっくり考えたかったなぁ.

電力

1234567891011121314
私の解答用紙(3) ○(2) ○(3) ○(1) ○(2) ×(5) ○(5) ○(4) ×(4) ○(1) ○(2) ○(3) ○(3) ×(3) ×

15(a)15(b)16(a)16(b)17(a)17(b)
(4) ×(5) ×(2) ○(1) ×(2) ○(4) ○


問5の間違いは我ながらひどいですね. 常識で考えても分かるところで間違えてしまいました. 問8は「そんなのあるのか?」という感じで(4)にしてしまいましたが……あるんですね, すみません(^^;). しかし…なんというか……まあいいや. 問13の間違いもひどい. なんでY結線だと思ったんだろう? 問14も……知識不足だなぁ.

B問題は……うわああ. (←落ち込んでしまったのでノーコメント.) ただ, 問17は簡単でしたね. キルヒホッフの法則を適用するだけじゃん(^^).

合計点は自己採点では65点……これはどうだろう? ギリギリって感じですが…受かってるのかしらん…?

機械

1234567891011121314
私の解答用紙(1) ×(5) ○(5) ×(3) ○(3) ×(5) ×(2) ○(4) ○(5) ○(1) ○(2) ○(3) ×(4) ○(3) ○

15(a)15(b)16(a)16(b)17(a)17(b)18(a)18(b)
(4) ○(3) ○(3) ×(3) ×(2) ○(5) ×選択せず選択せず


あちゃー…. けっこう間違えてるなぁ…. 問3(エ)は, ガラス巻線か…. 確かにそっちの方が絶縁性能が高そうだ. 「ガラス巻線って何だろう?」とか思っているようじゃダメですよね. う〜ん, 凡ミスに記憶違いに知識不足か…. 「理論」と同様, またB問題で時間がなくなってきて, 問16は問題を見ないで真ん中を塗っただけでした…(T_T). 問17(b)は惜しかった…. 計算する時間がなくて直観で(3)か(5)のどちらか, と思い, 一度(3)にしたのですが, 不安になって(5)に直しちゃった. まあ, でも本当はパッと見ただけで正確に答えられないといけないんでしょうね.

合計点は自己採点では60点……う〜ん? 60点以上で合格ならスレスレで受かっている計算になりますが, やっぱり来月にならないとわからないですね.

法規

1234567891011(a)11(b)12(a)12(b)13(a)13(b)
私の解答用紙(4) ×(1) ×(5) ○(4) ○(5) ○(2) ○(3) ×(2) ×(4) ○(5) ×(2) ○(5) ×(3) ○(3) ○(3) ○(4) ○

むむむ…63点…ですかね? これもビミョーな点数ですねぇ.

結論

全科目とも自己採点で60点以上では…あるんですが……結局, 正確な合否の判断は つけられませんね. もし受かっていたとしても要反省という気がします. 来月, 結果が分かったらこの下に書く予定です. どうなることやら.

(ここまで, 9月3日 記)

合格したようです

……さて、現在10月19日です。17日から試験センターのページで合否が確認できるようになっているので、早速確認してみました。 自分の受験番号で検索すると……「入力した受験番号は合格者一覧にあります」とあるので、めでたく4科目とも合格できているみたいです。

合格基準は各科目55点以上となっているので、 上の自己採点はちょっと心配しすぎだったようです。ただ、辛うじて受かった、という感は拭えません。試合には勝ったけど試合内容は悪かったというような感じ。今後も勉強を続けて、次は電験2種を目指したいと思います。 現在不安定な身分なので、なんにせよ資格が増えるのは嬉しいことですし。